志村けんさん死亡、発熱から約10日で

闘病むなしく死亡

新型コロナウイルス肺炎と診断され20日から入院していた志村けんさんが、 3月29日午後11時10分亡くなりました。毎日心配していましたが、とても悲しい訃報となりました。

新型コロナウイルスが原因で病状が重症化する場合、発症から一週間ほどで重症化するそうです。恐ろしいスピードで人を死に結び付けます。本当に憎しみを覚えるウイルスです。

志村さん症状の経過

▼3月17日 倦怠感の症状があったため、自宅静養(発症日)
▼3月19日 発熱・呼吸困難の症状が出現
▼3月20日 訪問診察をした医師の判断により、都内病院に搬送。重度の肺炎との診察を受け、入院
▼3月23日 新型コロナウイルス検査陽性が判明
▼3月24日 保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了
▼3月25日 所属事務所が感染を公表

[引用元]gooニュース

その後、「3月29日 死去」のとても悲しいニュースが飛び込んできました。

世代を超えた国民の人気者

志村さんといえば、昭和の時代からテレビで見ない日はないくらいで、おもしろくて優しい身近な父のような存在でした。実の父に容姿も年齢も似ていて。

個人的には「加トちゃんケンちゃん」「ドリフ」が特に大好きでした。

現代の子供たちも「志村どうぶつ園」などで馴染みあるのではないでしょうか。

世代を超えて人気者である芸能人の方が亡くなるのは、多くの方がショックを受けたと思います。子供たちに何と言えばいいのか、今から心がそわそわします。

Twitterでの声

Twitterでは、「#志村けんさんありがとう」 タグができて各々悲しみと感謝の想いを綴っています。皆同じ感情です。

今回の件で増したのは、新型コロナウイルスへの恐怖もそうですが、悲しみとウイルスへの憎しみの方が大きいかも知れません。

志村けんさんへ

この場を借りて一言ではありますが、お礼を書きたいと思います。

志村けんさん、
本当にこれまでたくさんの楽しい時間を長い間に渡って与えてくださり本当にありがとうございました。あなたは誰もが認める国民の大スターでした。
もっともっといて欲しかったです。ご冥福をお祈りいたします。

涙が出ます。

さいごに

これからの新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためにも、1人1人が忍耐の時です。

直接会えなくても繋がりのある方とコミュニケーションを取りながら耐え、大切な方を守り、ウイルスと闘っていきましょう。

早くこの混乱が収束しますように。